夕食を完全に抜くのではなく、夕食を酵素液、青汁などに置き換えダイエットにする方法もあります

MENU

ファステイング方法

最も効果があるのは、夕方以降は、水以外は摂取しないという方法です。

 

これは、プチ断食とか、ファステイングと言われている方法の一つです。

短期間ファステイングについてはこちら

 

人間の体は、夜22時を過ぎると自律神経の働きで自然に眠りに入る体勢になるため、胃腸も休息をする体制になっています。

其の為、夜間に食事を摂ることは、肥満のもとになってしまうのです。

 

また、食事をして摂取した食物は、食物の種類にもよりますが、胃の中には3~4時間程度しかとどまりませんが、小腸には8時間前後、大腸には10時間程度留まります。

 

従って、食事回数の多い人の消化器官は、いつも働かされている上に、体内にいつも食物があるということになります。

太ってしまって焦る女性

 

特に夜間食事を摂る人は、代謝が悪くなり、老廃物が体内に溜まりやすくなるので、太ってしまいます。
その為、夕方以降に食事を摂らないようにし、1日2食 朝食と昼食だけにするダイエット方法は非常に効果が上がりやすいダイエット方法なのです。

 

 

どうしても、夕食を摂らないと、眠れないというような人には、夕食を完全に抜くのではなく、置き換えダイエットにする方法もあります。

 

置き換えダイエットというのは、夕食の代わりに、置き換えダイエット用の食品や、飲み物を摂取する方法です。

 

置き換えダイエット用の食品は、果物や野菜を使ったスムージーや、シェイクなどを自分で作ることもできますし、市販の製品を購入することもできます。

 

市販されている置き換えダイエット用の製品には、

  • カロリーを低く抑えながらバランスよく栄養を取れるスープやシェイク
  • クッキー
  • 酵素液
  • 青汁

などがあります。