MENU

ゼロトレダイエット

ゼロトレダイエットに挑戦する女性

ゼロトレは劇団四季やニューヨークのブロードウェイで活躍した石村友見さんが開発したダイエット法で、2018年に出版した著書「ゼロトレ」は100万部突破のベストセラーになっています。

 

加齢によって歪んだ身体を元(ゼロ)の位置に戻すことが「ゼロトレ」の由来で、1日5分程度の簡単なトレーニングを4週間続けるだけの楽痩せダイエットです。

 

ゼロトレは呼吸とストレッチを活用したヨガに近い内容ですが、難しいポーズを求められるヨガよりも手軽にできます。

 

ゼロトレの呼吸法

ゼロトレでもっとも重要なのは呼吸法です。
ゼロトレ呼吸法と基礎を学ぶために行う呼吸法のやり方をご覧ください。

 

普通呼吸
  1. 仰向けになって膝を立てた状態になり、枕を使って頭を若干起こした状態にする
  2. お腹に指先を当てて、指が沈む動きを実感できるようにする
  3. 鼻から3秒かけて息を吸う
  4. 口から「ハァー」と言いながら7秒かけてゆっくり吐く

 

普通呼吸は腹式呼吸です。
呼吸の基本動作をすることで、腹式呼吸が正しくできているのか簡単に確認できます。

 

肋骨呼吸

基本動作は普通呼吸とほぼ同じで、手をお腹ではなく肋骨を支えるように添えます。
そして、吸うときは肋骨が横に広がるように意識、吐く時は肋骨を内側に縮めるようなイメージを持って呼吸します。
鼻から3秒かけて吸って口から7秒かけて吐く普通呼吸の要領で行う動作の中で、吐く時に肋骨を内側へ圧迫するように力を加えるのがポイントです。

肋骨呼吸を身に付けることで、ぽっこりお腹の原因になる歪みを解消できます。

 

ゼロトレ呼吸

ゼロトレ呼吸は普通呼吸と肋骨呼吸を合わせたものです。

息を吸うときはお腹が膨らむ感じと肋骨が広がる感じを意識。
上半身全体を風船のように縦と横に膨らむイメージを持ってください。
息を吐く時はお腹が凹んで肋骨が閉じるように意識し、手は地面に置いてリラックスした姿勢を作ります。

普通呼吸と肋骨呼吸を覚えてから練習しましょう。
普通呼吸+肋骨呼吸を組み合わせたゼロトレ呼吸は1+1以上の効果でクビレボディに導いてくれますよ!

 

ゼロトレの流れ

ゼロトレは正しい呼吸法を実践し、身体を緩める・締めるの動作を繰り返します。
緩める動作は基本的に息を吸って身体を広げる、締める動作は息を吐く呼吸法のみで完結できるものが多く、ゼロトレ呼吸法を実践するだけでも立派なトレーニングです。

 

部位別のゼロトレは、撒いたタオルなどを身体に挟むなど、姿勢を若干変える仕組みになります。
たとえば背中のゼロトレは、タオルを背中の下に入れて背筋を湾曲させた姿勢でゼロトレ呼吸を実践するだけです。

 

公式YouTubeチャンネル

ゼロトレが学べるYouTube

2020年よりゼロトレ考案者の石村友見さんが公式YouTubeチャンネルを開設し、呼吸法や部位別ゼロトレを動画付きで丁寧に解説しています。
書籍やスタジオレッスンでお金を使わなくても、YouTubeを見るだけで簡単に正しいゼロトレを学べますよ!

 

このほか、ヨガや身体を柔らかくする方法、肩凝りを解消するゼロトレなどの動画がアップされています。
公式YouTubeチャンネルによる動画解説によって、ゼロトレは手軽に始められる簡単ダイエットとして再び注目されるようになりました。

 

参考元URL YouTubeチャンネル「石村友見」

https://www.youtube.com/channel/UCWTi1jaJpEpnxrLDFckajRg/videos